【保存版】 審査が甘い、通りやすいクレジットカード会社はココ!【クレココ】

最新2016 審査が通りやすいクレジットカードランキング

このサイトでは最初に「審査が通りやすいクレジットカード」を3つのグループに分けてランキングで紹介します。

 

あなたがこれから申し込む予定のクレジットカードがどれくらい難しいのか?参考にして下さい。

 

さらに、クレジットカードの審査のポイントやあまり出てこない審査に通りやすいクレジットカードの情報をのせてあります。

 

ぜひ最後まで読んでクレジットカードの審査を突破してください。

 

 

Bランク 審査が通りやすいクレジットカード

 

まずは、第3位のグループから。

 

以下は、あなたが審査が通りやすいクレジットカードを
探しているなら避けておいた方がいいカードです。

 

普通の収入はあり、普通のクレヒスを持ち
普通に正社員をしているなら審査は通りやすいといえます。

 

審査が通りやすい順番に並べてあります。

 

JACCS

 

JAカード

 

J-WESTカード

 

【その他、審査が通りやすい順に】

 

ANAカード、JALカード、三井住友カード、三井住友トラストクラブ、アメリカン・エクスプレスカード、三菱UFJニコスカードのMUFGやDCカード

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

ランクA 審査が通りやすいクレジットカード

 

次に、第2位のグループ。

 

これらのカードは、現在パートやアルバイトの方
派遣社員、契約社員、専業主婦、自由業や自営業、個人事業主
会社を立ち上げたばかりの社長などでも審査に通る可能性が高い
クレジットカードです。

 

しかし、

 

高齢者クレヒスがない方、信用情報ブラック

 

破産経験者無職の方

 

は審査に通るのは厳しいのでやめておいた方がいいでしょう。

 

審査が通りやすい順番に並べてあります。

アコムマスターカード(ネット)

 

イオンカード

 

エネオスカード(NICOS)

 

【その他、審査が通りやすい順に】

 

マツモトキヨシカード、日専連カード、日商連カード、ほくせんカード、P-one FLEXY(ポケットカード)、コーナンカード、イエローハットクレジットカード、バーチャルカード、オリコカード、ライフカード、JR東海EXPRESS、NTTファイナンス(VISA)、アプラスカード、ファミマTカードプラス、セブンカードプラス、丸井EPOSカード、ろうきんカード、ゆめカード、天満屋カード、シナジーカード、シェルスターレックスカード、ポケットカード、AU-WALLETクレジットカード、Docomo dカード、九州カード、しんきんカード、エムアイカード、JACCS R-Styleカード、りそな銀行(りそなカード)、スルガ銀行(スルガカード)、リクルートカード、ヨドバシカード、SBIカード、三菱UFJニコスカード、Amazonマスターカード、ゆうちょ銀行(キャッシュカード一体型)、三井住友VISAカード(SMBC)、ネットマイルカード(VISA)

 

 

ランクS オススメの審査が通りやすいクレジットカード

 

お待たせしました。第1位のグループです。

 

収入が低い方や高齢者、クレヒス(クレジットヒストリー)無し、
信用情報がブラックな方、現在借金を延滞中の方

 

さらに

 

リボ払いで自転車操業の方や自己破産経験者(4年以上経過が推奨)
無職の方であっても、審査に通る可能性があるクレジットカードです。

 

審査が通りやすい順番に並べてあります。

 

楽天カード ←オススメ

 

楽天銀行カード ←オススメ

 

アコムマスターカード(有人)

 

マジカルクラブカード

 

エネオスカード

 

【その他、審査が通りやすい順に】

 

トヨタのクレジットカードTS CUBIC CARD、YAHOO!JAPANカード、ファミマTカード、エンアンコールカード、セディナ(Cedyna)カード、ネットマイルカード、イオンカードセレクト、UCSカード、コスモ・ザ・カード・オーパス、コメリカード、エディオンカード、ベイシア B カード、クラブドンペンカード、イズミヤカード、オリコ UPty(アプティ)カード

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

審査が甘い、通りやすいクレジットカードについて紹介しましたが・・・

 

クレジットカードを新しく作りたいけど、審査に通るかどうか不安

 

そう思っていませんか?

 

ですので、まずは

 

審査が甘い、通りやすいクレジットカードについて紹介しましたが
重要になってくる条件について説明していきます。

 

あなたがきちんと収入があって、

 

使った分を返済できるだけの裏付けがあること、

 

他のローンやキャッシングの延滞がなくて、

 

しかも過去に債務整理もしていないこと、

 

こういう条件を満たしていればまず間違いなく通ります。

 

延滞も、1度や2度程度であれば大丈夫です。

 

審査の基準は、あくまでもあなたの信用情報です。

 

もちろんカードによっては、家が自己所有でなければならないとか、
年収がいくら以上といった条件が付くこともありますが、
ごく一般的なクレジットカードを持つ場合、

 

特に流通系などの審査基準の緩い物や、
場合によっては一部外資系カードなども、
信用情報がきちんとしていれば十分です。

 

また、過去に債務整理をした場合でも、返済終了、

 

または

 

破産後の免責から5年ないし7年ほど経過した場合は大抵OKです。

 

例外的に、債務整理後2,3年ほどにもかかわらず、定収入がある場合には、
やはり流通系などでしたら作ることが可能なケースもあります。

 

それとは別に、もうひとつ気を付けておきたいことがあります
。それは申し込みブラックと呼ばれるものです。

 

1度にいくつものクレジットカードに申し込んだり、
複数件のキャッシングやカードローンと一緒に申し込んだりした場合、
返済能力に疑問が持たれてしまいます。

 

特に銀行、カードやキャッシングといった金融機関は、
その人個人の情報を共有していますので、
1つがダメだと他も断られてしまうことがあります。

 

本人は収入があって、しかも延滞も債務整理もしていないのに、
すべてから断られてしまうためこのように呼ばれます。

 

このようなことがありますので、カードを申し込む場合、
またはキャッシングなどと一緒に申し込むような時には、

 

まず3件を限度にして申し込むようにしましょう。

 

あまり欲張って申し込むと、
ブラックでもないのにブラック認定されてしまいますので、
その点には注意してください。

 

クレジットカードの審査がある理由

クレジットカードを申し込む際に、必ず審査と言うものがあります。

 

なぜこのようなことをするのかと言うと、

 

それは「与信判断」を行っているからです。

 

与信とは、名前の通り「信用を与える」ということで、
これは信用を与えるかどうか判断するために行うのです。

 

なぜ、そういうことを行わなければいけないのかと言うと
クレカの特性にあります。

 

クレカは、加盟店で利用すると、
カード情報がカード会社に即時通達され、
金額が請求書に記載されます。

 

そして、売上確定情報を元にカード会社が
加盟店に利用した料金を支払います。

 

後日、利用者には請求書が届き、
利用した料金の合計を支払ってもらう形になります。

 

そのため、確実に支払いができる人でないと、
信用を与えカードを発行できないのです。

 

もし、信用がない人にカードを発行してしまい、
バンバン利用して逃げられてしまうと、
カード会社にとっては損失になってしまいます。

 

それを防ぐために、与信判断を行うのです。

 

これが、クレジットカードを発行する際に行われる
審査の理由です。

 

また、これを行う際に個人信用情報機関と言うところに、
個人データの照合が行われます。

 

ここでは、カードを利用し確定した合計金額と、
ちゃんと支払いが行われたかどうかの登録がされており、
審査の一つとして照会されます。

 

そして、問題がなければ発行されるのですが、
過去にローンを組んで未返済だったり、支払いが滞っているなどの、
不利になる情報が記載されていると与信判断は中止されたり、
長引いてしまったりします。

 

それほど、クレジットカードを発行するということは
難しいことであり、何でもかんでも発行されるというわけではない
のです。

 

と言っても、多くの人は問題がありませんので、

 

申し込みをしてから2-3週間程度で届きます。 

 

届いた日から利用できる場合も多いので、
同封されているガイドまたはそれに準ずる物にそって
初期登録を行ってから利用するようにしてください。

クレジットカードの審査なら

クレジットカードを持ちたいあなたに朗報があります。

 

審査に通らないというそんなお悩みを解決すべく、
柔軟な対応をしてくれるカードをご紹介致します。

 

 

まず、一番目にオススメなのは楽天カードです。

 

最近テレビコマーシャルなどでもよく見るように、
会員数を格段に増やしつつある楽天カードは、
支払いなどで貯めたポイントは楽天市場内で利用することが可能です。

 

お得にクレジットカードを使いたい方にとてもオススメです。

 

もちろん年会費は無料です。

 

 

 

次にオススメなのがKCカードです。

 

ポイント高還元率という特色を持つKCカードは
使えば使うほどお得なカードです。

 

ショッピング、公共料金の支払いにもオススメです。

 

初めてカードを持つ大学生や主婦の方にも
比較的取り扱いやすいカードと言えるでしょう。

 

こちらももちろん年会費は無料となっております。

 

 

 

イオンカードもオススメです。

 

ジャスコやイオンショッピングモールを運営するイオンのカードです。

 

イオンをよく利用する主婦層の方々にはオススメと言えるでしょう。

 

ポイントの提携店も多く、普段の生活に大いに利用出来るカードです。

 

もちろん年会費は無料です。

 

以上が割と審査の甘いクレジットカードです。

 

 

 

かと言って誰もが通るわけではないのがカードの審査です。

 

クリアする方法とはどのようなものがあるかを解説致します。

 

各カード会社が定める基準に達しない場合は落ちます。

 

例えば

 

過去の支払い状況や現在の収入額などの要素を
総合的に判断され、信用調査のスコア(点数)を付与されます。

 

そのスコアが基準よりも低い場合は、
何度申し込みをしてもカードを作れない状況に陥ってしまいます。

 

また、申込書はしっかりと記入するべきなのです。

 

 

あなたの履歴書だと思ってください。

 

間違いや重要な箇所が記入されていない人は信用出来ません。

 

誤字脱字によってカードを作れないケースは多々見られます。

 

なぜなら、責任能力が乏しいと判断されるからです。

 

以上の点を踏まえて安全に、かつ充実したカードライフを
送られることを祈っております。

 

【最新版】 ⇒クレジットカード審査の口コミはここをチェック

スポンサードリンク

更新履歴